法律

風俗という言葉は、大人になればよく使ってしまう言葉でしょう。
特に男性などは、男性同士で集まればよくこの風俗の話をするはずです。
しないという人でも、一度はこの風俗について話したり語り合ったりしているでしょう。


この風俗の中だけで適応される法律というものがあります。
条例とは違って法律なのですから、この法律を犯すと必ず何かしらの形で罰せられます。
もちろんこの風俗の法律は営業している経営者から、お客様にまで及ぶ法律が存在してきます。
女性が性を売り物にするのですから、法律という形で守られるものがあって当然のことなのです。
これが無法地帯になってしまえば、風俗の法律以外の事件が起きてしまうのです。
この事件というものが起きるのを未然に防ぐために風俗にも法律というものが定められているのです。


もちろん一般的には性的なお店を限定に思い浮かべる人も少なくはないはずです。
実際には性的なものは関係ないお店も存在するというのも覚えておいてほしいものです。
女性がお酒などの接客をするキャバクラなんかは、性的なサービスをするようなお店ではありませんが、このキャバクラも風俗関連の法律というものになってくるのです。


パチンコをよく打つ人もいますが、このパチンコ店自体も営業するには、風俗の法律にのっとって営業しなければなりません。
これを一つにまとめた風俗の法律が風営法という法律なのです。
この風営法に守られて、お客様は楽しく遊ぶことができるし、働く方も安心して働けるのです。